知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

カフェオレとカフェラテの3つの違い!しっかり押さえて自慢しちゃえ!

カフェオレとカフェラテの3つの違い!しっかり押さえて自慢しちゃえ!

カフェオレカフェラテ
その「違い」を知ってますか?

どちらもコーヒーミルクを混ぜた飲み物。

何となく飲んでるけど、
その違いを知ってる人は多くないです^^:

ってことは、
カフェオレとカフェラテの違いをスラスラ言えると、

自慢

できちゃいますよ^^

その違い3つあります!

ここだけを押さえておけば、
知識としては十分なはず!

それじゃ、
カフェオレとカフェラテの違いを書いていきますよ^^


由来の部分はちょっと細かいので、
外国語に興味がなければ流し読みしてください^^;

Sponsored Link

カフェオレとカフェラテの違い1: 由来が違う

カフェラテとカフェオレ、
名前が違いますね。

これは元となった、

言語

が違うから。

文字を見れば分かりますが、
カフェラテもカフェオレも、
外国語から入ってきた言葉です。

カフェオレの由来

カフェオレは、
元々がフランス語から入ってきた言葉。

カフェ(café)がコーヒー、
レ(lait)が牛乳って意味のフランス語です。

フランス語で書くと、

café au lait

です。

auはフランス語で、
~の」って意味。
英語での”of”だと考えてください。


正確には前置詞 “à”と男性定冠詞”la”を
短くした形なんだけど、ここでは省略します^^;

カフェラテの由来

カフェラテはイタリア語から入ってきた言葉。

カフェ(Caffè)がコーヒー、
ラテ(Latte)が牛乳って意味のイタリア語です。

続けて書くと、

Caffè Latte

ですね。

ちなみに、
カフェラテを最初に提供し始めたのは、
イタリア・ヴェネツィアのカッフェ・フローリアンです^^

カフェオレとカフェラテの違い2: 使うコーヒーが違う

さてさて、
カフェオレとカフェラテは

発祥が違うので、
その作りかたも違います!

まず、

使うコーヒー豆

が違いますね。

カフェオレに使うコーヒー

カフェオレに使うのは、

ドリップコーヒー

日本の家庭やオフィスに良くある、
紙フィルターで入れるコーヒーがこれ。

酸味が多くて苦味が少ない

のが特徴です。

ファミレスとかで出てくるコーヒーは、
大体、ドリップコーヒーですね。

カフェラテに使うコーヒー

対して、カフェラテに使うコーヒーは、

エスプレッソ

エスプレッソ豆に高い圧力をかけて、
直接抽出するコーヒーです♪

エスプレッソは

味がとても濃くて量が少ない!

お店では

デミタスカップ

という小さいカップで飲むのが一般的。

酸味が少なく苦味が多い

のも、エスプレッソコーヒーの特徴です。

カフェオレとカフェラテの違い2: 使うコーヒーが違う

ちなみに、
味の濃いエスプレッソコーヒーは
眠気覚ましに丁度いいと僕は思ってます^^

Sponsored Link

カフェオレとカフェラテの違い3: ミルクが違う

さてさて、
カフェオレとカフェラテでは、

ミルクの使い方

も違います。

カフェオレの場合、
コーヒーミルクの割合は、

50% : 50%

が一般的です。

対して、
カフェラテの場合の
コーヒーミルクの割合は、

20% : 80%

が多いです。

「違い2」のところでも書いたけど、
ドリップコーヒーとエスプレッソコーヒーは、

味の濃さ

が違うんです^^

なので、
エスプレッソコーヒーミルクの割合を、
50% : 50%とかにしちゃうと、
味が濃すぎちゃう^^;

その逆もしかりで、
ドリップコーヒーミルクの割合が、
20% : 50%だと、味が薄すぎちゃいます。
(ちびっ子はこれでもいいかも)

ちなみにカフェオレもカフェオレも、

泡立てないミルク

を使用するのが本来の飲み方です。

カフェラテのミルクは泡立てる

って思ってる人もいて、
そうやって作るお店もあります。

でも実際のところ、
ミルクを泡立てる、泡立てないの「違い」は、
カフェオレとカフェラテの「違い」ではありません^^;

カフェオレとカフェラテの違い3: ミルクが違う

カフェオレとカフェラテの3つの違い!しっかり押さえて自慢しちゃえ! まとめ

カフェオレとカフェラテの違いを、
3つに分けてご紹介しました♪

  1. 由来
  2. 使うコーヒー
  3. ミルク

が違う部分でしたね。

この3つを知っておけば、
カフェラテとカフェオレの違いは、
完璧と言っていいでしょ♪

それじゃここで知ったこと、
ご家族やお知り合いに自慢しちゃってください^^

関連記事:

⇒ カフェでのバイトは男にこそオススメ!そこに「出会い」があるから!

 - グルメ