知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

資産と資本の違いをちゃんと言える!?簿記の知識はちょっとでOK!

資産と資本の違いをちゃんと言える!?簿記の知識はちょっとでOK!

資産資本の違いをちゃんと言えますか?

簿記を勉強中の学生・社会人だけでなく、
この違い解しておいたほうがいいですよ^^

営業、経理、財務の仕事をしてるなら、
概略だけでも理解しておいたほうが、
できる人」と思われやすいです。
(というか経理、財務の人は知らないとマズイです)

ビジネスだけじゃなく、
資産と資本の違いが分かると、
人生豊かにすることも可能です。
(金銭的な意味で^^)

仕事に役立つ資産・資本の知識と、

資産と資本はどっちを増やしたほうがいいの?

ということを書いていきます。

それでは、
資産と資本の違いについてです!

Sponsored Link

資産と資本の違いをざっくり理解しよう!

簡単に言ってしまうと、
資産と資本の定義は以下の通りです

ちょっとだけ
言葉の定義が続くけれど、
我慢して読み進めてください^^;

資産:
会社や個人が持つ、
お金、家、土地などの財産。
資本:
資産から負債を引いたもの。
純資産ともいう。

あれ、「負債」なんていう、
見慣れない言葉が出てきました。

資産と資本の違いを理解するには、
この「負債」も理解しないとダメなんです。

負債:
企業活動などを継続するため、
他所から調達した資金のこと。
返済・支払い義務を伴う。

資本は、以下の数式で表す事ができます。

資本 = 資産 – 負債

ちなみにこの式のことを、

資本等式

と言います。

さてこれで、

資産と資本の違い

をざっくり理解するための、
言葉の定義が揃いました。

でも具体例がないと、
分かりづらいですよね?

Sponsored Link

資産と資本の違いを具体例で説明

企業の場合

ということで、
2つの具体例から、
資産と資本の違いを理解しましょう。

まずは企業の場合から。

とあるフードチェーン(ABC食品)が、
新規事業として、

ラーメン三郎

を始めるとしましょうか^^

ABCフードは
ラーメン店の運営は初めてで、
新橋に新しく店を出します。

今までの儲けがあるので、
ラーメン三郎の新規出店に使えるお金は、
5,000万円です。

この場合、

資産 = 5,000万円

ですね。

新規事業なので、
店舗まだありません。

ラーメン三郎を新橋で運営するのには、
以下のお金がかかります。

テナント代 = 1,000万円 / 年
土地代 = 2,000万円 / 年
材料費 = 1,000万円 / 年
人件費 = 2,000万円 / 年
合計: 6,000万円 / 年

これが負債ですね。

このままでは資本が、

資産(5,000万円) – 負債(6,000万円)

で、

-1,000万円

になっちゃいます…。

まぁこれは当然で、
売上を想定していないから^^;

営業をすれば、
どんなラーメン屋でも売上は発生しますね。

ラーメン三郎は、
たぶん美味しいラーメン屋なので、
実際の資本はプラスになるでしょう♪

ちなみに、
かなりざっくり書いてます。
ラーメン屋を経営するには、
機材のリース代とかもかかりますからね。

でも細かい事は気にしない♪
大まかに理解してくれればOK。

個人の場合

個人で考えると、
資産と資本の違いはもっと簡単です。

じゃあ、僕(ぽん太)が、
マンションを買うとしましょうか。

そんなに金持ちじゃないので、
3,000万円のマンションです。

ちなみに僕の貯金は、
1,500万円しかありません。

なのに借金して、
3,000万円のマンションを買っちゃった!

この場合、

資産 = 3,000万円のマンション
負債 = 1,500万円の借金(1,500万円 – 3,000万円)

です。

家(マンション)は「財産」なので資産です。

だから、
僕が無理してマンションを買うと、

資産(3,000万円) – 負債(1,500万円)

で、

資本は、

1,500万円

です!

まぁ実際には現金がゼロという状況は、
なかなか無いですが^^;

あくまでも、
めちゃくちゃ簡略化した例として、
頭に入れておいてください。

次ページでは、
資本の増やし方についてちょっとだけ触れます。

もっとお金があれば…

と思ってるなら、
読み進めてくださいね♪

 - ビジネス