知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

赤ちゃんに日焼け止めは必要!?あなたの疑問にズバリ回答!

赤ちゃんに日焼け止めは必要?!あなたの疑問にズバリ回答!

紫外線が強くなってくる季節。

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?

という疑問が出てきますよね。

日焼け止めクリームは
赤ちゃんの肌に良くない。
だから必要ない

という人もいて、迷っちゃいます。

先に結論を言うと、

赤ちゃんに日焼け止めは必要

です。

あ、待って!

「オッケー、疑問解決!検索終了!」

とか思わないで下さい。

「赤ちゃんに日焼け止めは必要ない」への反論

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由

赤ちゃんに日焼け止めをする際の注意点

を解説していきますから。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。

Sponsored Link

「赤ちゃんに日焼け止めは必要ない」への反論

良かった。読み進めてくれてますね。

それではまず、

赤ちゃんに日焼け止めをする際の注意点

からお伝えしていきます。

昔、といっても1998年までは、
母子手帳の中で、日光浴が推奨されてました。

でも今は、
日光浴は外気浴に書き換えられています。

公的にも、
赤ちゃんの日光浴は身体に良くない
と認められるようになってるんですね。

なので、冒頭に挙げた、

日焼け止めクリームは
赤ちゃんの肌に良くない。
だから必要ない

という意見は、
前時代のものなんです。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由

赤ちゃんの肌って、
柔らかくてプニプニで可愛いですよね♪

でもそれは、
赤ちゃんの肌の厚さが、
大人の2分の1しかない
からなんです!

つまり赤ちゃんの肌は、
紫外線のダメージを受けやすく、
デリケート
だということ。

その赤ちゃんのデリケートな肌に、
紫外線を浴びすぎてしまうと、
大人になった時に、こんなリスクが…

  • シミができる
  • 皮膚がんの発症
  • 白内障の発症

こういったリスクを未然に防ぐため、
赤ちゃんの日焼け止めは必要
なんです。

かといって、
赤ちゃんにとって日光が絶対悪
というわけではありません。

日光を浴びることで、
ビタミンDなどの必要な栄養素が作られる
からです。

そのため、適度な日光浴は良いのですが、
10分以上外出する時は、
赤ちゃんに日焼け止め
を塗ってあげましょう。

Sponsored Link

補足 : 赤ちゃんの日焼け止め対策いろいろ

赤ちゃんの日焼け止め対策は、
クリームだけじゃありません。

こんな方法で、
赤ちゃんの日焼けを防ぐことができます。

ベビーカーにはサンシェード

ベビーカーでおでかけする時には、
サンシェードをつけてあげましょう。

そうすることで、
赤ちゃんに当たる日光を
大幅に遮断
することができます。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由 : ベビーカーにはサンシェード

帽子をかぶせる

帽子をかぶせてあげるのも、
赤ちゃんの日焼け止めに
必要な対策です。

そうするだけで、
赤ちゃんの身体全体に当たる日光を
大幅にカット
してくれます。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由 : 帽子をかぶせる

サングラスで目も保護

赤ちゃんの目も、
肌と同じように紫外線でダメージを受けます。

赤ちゃんの大事な目を守るためにも、
おでかけの時には、サングラスをかけてあげましょう。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由 : サングラスで目も保護

赤ちゃんに日焼け止めをする際の注意点

ここまでで、
赤ちゃんには日焼け止めが必要なことは
分かって頂けたと思います。

ですが、
赤ちゃんに日焼け止めをする際の
注意点
がいくつかあります。

これからご案内しますね。

生後3ヵ月までは外出を控える

生まれたばかり~生後3ヵ月の赤ちゃんの肌は、特にデリケート。

生後3ヵ月を過ぎるまでは、
赤ちゃんをお外に連れ出さない
ようにして下さい。

それまでは赤ちゃんと、
おうちの中で遊んであげてくださいね♪

日焼け止めクリームを塗るのも3ヶ月目から

前述のように、3ヶ月になるまでは、
赤ちゃんの肌はとても敏感です。

日焼け止めクリームを塗ると、
肌にダメージを受けてしまいます。

赤ちゃんの肌のために、
3ヶ月を過ぎるまでは、
日焼け止めクリームは塗らない
で下さい。

また、赤ちゃんによって、
肌の敏感さは違
うので、
3ヶ月を過ぎたらパッチテストをしてあげましょう。

パッチテストの方法

  1. 10円玉大くらいのクリームを二の腕の内側に塗る
  2. 30分後と2日後に赤ちゃんの二の腕をチェック
  3. 赤いぶつぶつなどの肌のトラブルが無ければOK

パッチテストが大丈夫なら、
日焼け止めクリームを塗ってあげて良い時期です。

3ヶ月を過ぎても、
赤いぶつぶつなどが出てしまう場合は、
皮膚科のお医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんに日焼け止めをする際の注意点: 日焼け止めクリームを塗るのも3ヶ月目から

日焼け止めクリームは赤ちゃん用のものを

赤ちゃんに大人用の日焼け止めクリームを
使ってはいけません。

赤ちゃん用の日焼け止めクリーム
市販されているので、それを使いましょう。

選び方の基準としては、

  • SPF10~20のもの
  • PA+~PA++のもの

です。

※ SPF = 紫外線B波を防ぐ基準
※ PA = 紫外線A波を防ぐ基準

※紫外線B波
= 肌が赤くなる(サンバーン)
   の原因になるもの。
 皮膚ガンやシミの原因にもなります。

※紫外線A波
= 肌の奥深くまで到達し、じわじわと
   肌に様々な影響を及ぼします。
   シミ、しわの原因になります。

また、日焼け止めの落とし方も、
赤ちゃん用の日焼け止めクリーム
を選ぶのに重要な基準です。

  • お湯で落とせる

または、

  • 石鹸で落とせる

日焼け止めクリームを選びましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めクリーム
として市販されているものは、
上述の基準を満たしているはずです。

念のため、購入の際には、
パッケージを確認するようにしましょう。

赤ちゃんに日焼け止めをする際の注意点: 日焼け止めクリームは赤ちゃん用のものを

赤ちゃんには日焼け止めが必要、注意点も忘れずに

赤ちゃんに日焼け止めは必要ない
というのは前時代の発想なので、
赤ちゃんには日焼け止めをしてあげましょう。

  • 3ヶ月目までは外出しない
  • パッチテストをしてから使用する
  • 赤ちゃん用の日焼け止めクリームを使う

などの注意点を頭に入れておいてくださいね。

あなたの赤ちゃんが、
すくすくと育つことを応援しています!

関連記事: 

⇒ 赤ちゃん用日焼け止めの落とし方!気をつけるべき3つのポイント!

 - 美容・ファッション