知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

夏風邪の症状で高熱が!3大夏風邪の症状と対処法を解説!

夏風邪の症状で高熱が…原因を知ってきちんと治そう!

夏風邪の嫌な症状として、
高熱があります…

冬の風邪はくしゃみや鼻づまり、
といった症状が出ることが多いです。

対して夏風邪は、
38度以上の高熱下痢嘔吐
といったかなりきつい症状が出るのが特徴。

そしてこういった症状は、
冬の風邪と比べて、
長引くことが多いです。

この違いは、
冬の風と夏風邪のウィルス
違うからなんです。

冬の風邪と夏風邪のウィルスの
違いを説明した後、

夏風邪で高熱の症状が出た場合、
どう対処するかについてご案内していきます!

Sponsored Link

夏風邪の症状で高熱が長引く…原因は冬の風邪とウィルスが違うから!

冬の風邪夏風邪の違いは、
感染するウィルスが異なるからです。

冬の風邪の原因は主に
2つのウィルスに大別されます。

  • ライノウィルス
  • インフルエンザウィルス

ライノウィルスは、
更に1000種類以上に細分化
することができます。

これが、風邪には特効薬が無い、
といわれる理由です。

インフルエンザウィルスは、
ほぼ毎年猛威を振るってますね。

その都度、
対策のワクチンが作られていることは、
あなたも見聞きしたことがあると思います。

インフルエンザウィルスに感染しても、
高熱が出ますが、1~3日程度で、
熱が下がるのが一般的です。

対して、
夏風邪の原因となるウィルスは、
大きく3つに分類できます。

  • アデノウィルス
  • エンテロウィルス
  • コクサッキーウィルス

これらのウィルスが、
以下の代表的な夏風邪を
引き起こすんです。

  • プール熱
  • 手足口病
  • ヘルバンギーナ

それぞれの症状と対処法について紹介します。

Sponsored Link

夏風邪で高熱の症状が出た場合の対処法を3つに分類!

上では、
夏風邪の原因となるウィルスと、
3つの夏風邪をご案内しました。

夏風邪の種類によって、
対処方法違うので、
3つに分けてご紹介していきます。

プール熱にかかった場合の対処

プール熱は、
アデノウィルスが原因で発症します。

不特定多数の人が遊ぶ、
プール感染元となるため、
この名前がつけられました。

ちなみにプール熱は俗称で、
正式名は咽頭結膜炎と言います。

感染力が非常に高く、1人がかかると、
家族やクラスメートもどんどん発症
してしまう、という特徴があります。

プール熱では、

  • 38度以上の熱が5日以上続く
  • 目が充血したりかゆくなる
  • 喉が痛くなる

といった症状が出ます。

特効薬が無いため、
対症療法がメインとなります。

プール熱かどうかの判断は、
医師の診断が必要なので、
症状が出たら必ず病院へ行きましょう。

手足口病にかかった場合の対処

手足口病の原因は、
エンテロウィルス、
コクサッキーウィルスです。

のひら、の裏、の中に、
米粒大の湿疹が出来るため、
このように呼ばれます。

発熱は37度台~38度程度で、
熱が出ないこともあります。

数日で、
自然に治ることが多いのですが、
病院には行くようにしましょう。

ヘルバンギーナにかかった場合の対処

ヘルバンギーナの原因も、
エンテロウィルス、
コクサッキーウィルスです。

少し前まで元気だったのに、
突然、38度台の熱が出るのが
特徴です。

その他、

  • 口の中の痛みを伴う湿疹
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 吐き気

といった症状を伴います。

こういった症状が強く出るので、
すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

適切な治療を受けることで、
1週間程度で治癒することが出来ます。

夏風邪で高熱の症状が出た場合の対処法を3つに分類!

夏風邪の症状で高熱が…原因を知ってきちんと治そう! まとめ

以下3点の夏風邪があることを、
ご案内してきました。

  • プール熱
  • 手足口病
  • ヘルバンギーナ

プール熱に対しては、
対症療法がメインの治療となります。

医師の診断は必要なので、
病院には必ず行って下さい。

手足口病は、
数日で自然治癒するのですが、
万が一に備えて病院に行くことをおすすめします。

ヘルバンギーナは、
必ず病院に行く必要があります。

病院で適切な治療を受けることで、
1週間程度で治癒することができます。

夏風邪で高熱の症状が出た場合、
どの病気でも、病院で適切な診療、
治療を受けるようにしましょう!

関連記事:

⇒ 夏風邪の症状で下痢が…かかった時に気をつけること2つ!

 - 健康