知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

夏風邪の症状で下痢が…かかった時に気をつけること2つ!

夏風邪の症状で下痢が…かかった時に気をつけること2つ!

夏風邪を引いて下痢症状が出てしまった…

そういう時ってつらいですよね。

僕にも経験がありますよ。

夏風邪を引いて、
会社には行ったんですが、
下痢の症状でずっとトイレにこもるはめに…

さて、
夏風邪で下痢の症状が出たときは、
気をつけたいことが2つあります。

夏風邪が原因の下痢の症状を
なるべく早く抑えるために気をつけたい
大切な2つのことをご紹介していきます!

Sponsored Link

夏風邪が原因の下痢症状で気をつけたいこと : その1

夏風邪下痢になった時、
症状を抑えようと、
市販の下痢止めを飲んではいけません。

夏風邪で下痢の症状が出るのは、

  • エンテロウィルス
  • アデノウィルス

といったウィルス類が、
体内で繁殖しているからです。

これらのウィルスは、
のどで繁殖して、
のどの痛みや下痢を引き起こします。

下痢の症状が出るのは、
ウィルスを体内から、
排出しようとするからなんです!

そんな時に無理に下痢を止めると、
治すのに時間がかかってしまうんですね。

夏風邪で下痢の症状が出たら、
無理をせずに病院に行って、
医師の診断を受けましょう。

自己判断は、
病気の治療を遅らせます。

  • 市販の下痢止めを飲まずに必ず病院へ行く

これが夏風邪で下痢の症状が出た時に、
気をつけたいことの1つ目です。

Sponsored Link

夏風邪が原因の下痢症状で気をつけたいこと : その2

夏風邪で下痢の症状が出たら、
水分をこまめに補給するようにしましょう。

下痢は脱水症状を引き起こしますからね。

ただ、キンキンに冷えた水分は、
摂るのを控えるようにしてください。

下痢の症状を悪化させてしまう場合があります。

おすすめなのは、
身体を冷やさない常温の

  • ミネラルウォーター
  • スポーツドリンク
  • 経口保水液

です。

経口保水液は市販もされていますが、
値段がちょっと高めです。

お金を節約したい人は自分で作るのを
おすすめします。

経口保水液の自作方法は、
↓の記事で紹介しています。

夏バテの症状で気持ち悪い…そんなときはこう対処する!

夏バテ(熱中症)の症状で気持ち悪い時の対処法

という部分で、
詳しく解説しています。

  • こまめに水分補給をする

これが夏風邪で下痢の症状が出た時に、
気をつけたいことの2つ目です。

冷えた水分は下痢を悪化させるので、
常温のものを飲むようにしましょう。

夏風邪が原因の下痢症状で気をつけたいこと : その2

夏風邪の症状で下痢が…かかった時に気をつけること2つ! まとめ

夏風邪で下痢の症状が出るのは、
エンテロウィルスを体外に排出
しようとしているから!

市販の下痢止めを飲むと、
治癒遅らせることになります。

必ず病院に行きましょう。

また、
下痢が原因の脱水症状に対処するため、
水分をこまめに摂るようにしましょう。

冷えたものではなく、
常温のものを飲むようにしてください。

これらを抑えることで、
夏風邪で下痢の症状が出ても、
治癒が早まりますよ♪

関連記事:

⇒ 夏風邪の症状で高熱が!3大夏風邪の症状と対処法を解説!

 - 健康