知れる.com

知りたいことが知れるサイト

*

ジョン・レノンの死因の背景に村上春樹も訳したあの名作が!?

ジョン・レノンの死因の背景に村上春樹も訳したあの名作が!?

ジョン・レノン死因について、
あなたは詳しく知っているでしょうか?

ジョン・レノンが、
世界的ミュージシャンであることは、
誰でも知っていますよね。

ザ・ビートルズで、
ポール・マッカートニーと共に、
中心的な役割を果たし、ロックの歴史を変えました。

ザ・ビートルズ解散後も、
ジョン・レノンはソロで活躍し、
「イマジン」などの名曲を残しています。

ロックだけでなく、
ジョン・レノンはこれからも、
音楽の歴史を変え続けていたでしょう。

1980年の12月8日、
ニューヨーク、ダコタ・ハウスの前で、
凶弾に倒れなければ…

稀代の天才、
ジョン・レノンの死因について、
詳しく取り上げます。

Sponsored Link

ジョン・レノンの死因について1 : 理不尽な暗殺

ジョン・レノンを殺害した男の名は、
マーク・デイヴィッド・チャップマン

チャップマン本人は、
ジョン・レノンの熱烈なファンでした。

彼がジョン・レノンを殺害した動機は、
実は今も不明のままです。

頭の中にいる悪魔にそそのかされた

という、
意味不明の供述はしているのですが。

供述の内容はどうあれ、
チャップマンが発砲した3発の銃弾が、
ジョン・レノンの死因となりました。

ジョン・レノンの死因について2 : 名作文学との関係

チャップマンはジョン・レノンを
待ち伏せしている時、ある本を読んでいました。

その本の名前は、

ライ麦畑でつかまえて
原題: The Catcher in the Rye

1951年にアメリカで出版され、
今でも読み継がれている、
青春小説の名作です。

2003年には村上春樹訳で、
キャッチャー・イン・ザ・ライ
の邦題でも出版されています。

この本の主人公の名前は、
ホールデン・コールフィールド

チャップマンは、
このホールデンと自分を
同一視していたと伝えられています。

このホールデンの性格は、

  • 自分より優れた同級生への嫉妬心
  • 醜いものに対する蔑視(べっし)
  • 子どもたちが「悪い世界」に行くのを引き止めたいという願望

という形で、
作品内で表されています。

作品の最後のほうでホールデンは、
自分のなりたいものを、

ライ麦畑で遊んでいる子どもたちが、
崖から落ちそうになった時、つかまえてあげる人

であると語っています。

ライ麦畑」は子どもたちの
住む純粋な世界の象徴。

崖の下」は悪い世界の象徴です。

殺人犯の発想なんて、
僕には分かりません。

でももしかすると、
チャップマンは、ジョン・レノンのことを
崖から落ちそうな子どもだと、考えていたのではないでしょうか?

銃殺することで、
ジョン・レノンが「悪い世界
に落ちるのを防ぐつもりだったのかもしれません。

その頃のジョン・レノンの音楽
方向性を「悪い世界」と捉えたのかもしれないし、

ジョン・レノンのニューヨークでの
暮らしぶりを「悪い世界」と捉えたのかもしれません。

あくまでもこれは、
僕の想像だし、何の根拠もありません。

ただ、「ライ麦畑でつかまえて
という小説が、ジョン・レノン
間接的な死因になっているとは言えそうです。

Sponsored Link

ジョン・レノンの死因について3 : 陰謀論も?

さて、
ジョン・レノン死因については、
陰謀論も囁かれています。

ジョン・レノンが反戦活動
していたので、CIAがチャップマン
洗脳し、殺害させたというものです。

その洗脳に対して、
「ライ麦畑でつかまえて」の内容が
が使われたと主張する人もいます。

まぁ、これは完全にアレな
陰謀論でしょう。

国家が、
ミュージシャンを暗殺する、
等ということは現実的にはありえませんね。

ジョン・レノンの死因は、
一人の熱狂的な信者の、
行き過ぎた行動によるもの。

というのが実際のところでしょう。

ジョン・レノンの死因について3 : 陰謀論も?

ジョン・レノンの死因の背景に村上春樹も訳したあの名作が!? まとめ

ジョン・レノンの直接の死因は、
一人の熱狂的なファンに打たれた
ことによる失血死です。

そのファン、マーク・チャップマンは、
ライ麦畑でつかまえて
を殺害現場で読んでいました。

チャップマンが、
主人公と自分を同一視してたのなら、
この小説もジョン・レノンの間接的な死因なのかもしれません。

(これはあくまで僕の推測です)

ジョン・レノンの死因について、
CIAが絡んでいるという説もありますが、
これは無視してよいでしょう。

40歳という若さで亡くなった
天才、ジョン・レノン。

ロックの歴史を変えたジョン・レノンは、
その死因までもがドラマチックなものでした。

 - 有名人